| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
北極点はブルースカイ
ブックカバー
日本人初 北極点単独踏破成功!
夢と涙と汗の冒険ノンフィクション
2001年5月、北極点から故郷の佐田岬半島(愛媛県)まで徒歩とシーカヤックで帰る6年がかりの旅 「リーチングホーム」の途上、北極海に没した冒険家・河野兵市(当時43歳)。1997年、彼が日本人として初めて北極点単独踏破に成功した際の手記。
乱氷、リード(氷の割れ目)、ブリザードなどに行く手を阻まれ、孤独感にさいなまれた60日間780キロ。人を寄せつけない氷点下40度の自然に敢然と立ち向かい、橇(そり)を引いてひたすら歩き抜いた夢と涙と汗の冒険ノンフィクション。苦難の連続をつづった冒険日誌をもとに、著者が書き下ろしている。
特別速報グラフ『河野兵市アドベンチャーワールド〜北極点を踏んだ男〜』とともに、愛媛新聞社の独占刊行。
書名 北極点はブルースカイ
河野兵市(著)
価格 1,944 円(税込)
体裁等 1997年08月 刊行
ISBN4-900248-42-8 C0026
著者紹介
河野 兵市  (こうの・ひょういち)
1958年(昭和33年)4月12日、愛媛県西宇和郡瀬戸町川之浜生まれ。 地元の県立高校を卒業後、大阪のガス会社に就職するが約1年で退社、自転車で日本一周に出る。22歳の時、自転車世界一周を目指して日本を出発し、豪州、南米、北米、ユーラシア、アフリカの5大陸に足跡を残す。この間、南北米大陸の最高峰など多数の山を征服し、アラスカのユーコン川筏下り、サハラ砂漠単独徒歩縦断、北磁極への単独徒歩などを行った。1997年5月、60日間かけて日本人で初めて北極点に単独徒歩で到達。2001年5月 「リーチングホーム」の途上、北極海に没する。
主な内容
世界を駆ける冒険野郎(世界地図)

河野兵市北極点単独踏破780km60日間の軌跡(北極海図)
プロローグ 北極点に立つ
第1章    未知への誘惑
第2章    夢へ踏み出す
第3章    故郷の応援団
第4章    基地レゾリュート
第5章    氷の世界へ
第6章    ネバー・ギブアップ
第7章    家族を思う
第8章    魔物が笑うとき
第9章    扉が開いた
第10章   氷原との別れ
エピローグ はるかなる夢
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.