| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
動脈硬化予防で若返ろう! アンチエイジングのススメ
ブックカバー
あなたの血管は大丈夫?
正しい知識で老化予防!
アンチエイジングとは抗加齢のこと。誰にでも必ず訪れる肉体の老化現象を、正しい知識と日々の努力でできるだけ予防しようという試みである。近年はアンチエイジングの必要性が叫ばれ、愛媛大学医学部附属病院では平成18年に国立大学機構としては初の「抗加齢センター」をオープンし、全国でも珍しい「抗加齢ドック」を行っている。
本書は、同センターの伊賀瀬道也先生が執筆。アンチエイジングの基本的な解説から、老化につながる危険因子やその検査・予防法、メタボリックシンドロームが引き起こす恐ろしい病気の数々、アンチエイジングにつながる簡単な生活改善法、抗加齢ドックの紹介、そのほかアンチエイジングにまつわるさまざまな雑学など、健康に長生きするための秘訣が凝縮されている。
老化を防ぎ、健康で明るい人生を送るために、大いに役立つ1冊である。
書名 動脈硬化予防で若返ろう! アンチエイジングのススメ
伊賀瀬道也(著)
価格 1,543 円(税込)
体裁等 愛媛新聞社
2008年03月 刊行
ISBN978-4-86087-071-3 C0047
主な内容
第1章 アンチエイジングとは何でしょう?
 1.アンチエイジング=抗加齢
 2.老化とは何でしょう?
 3.老化危険因子とは
 4.生活習慣病を知ること
 5.メタボリックシンドローム
 6.認知症について

第2章 生活改善でアンチエイジング
 1.アンチエイジングと食
 2.アンチエイジングと運動
 3.アンチエイジングと睡眠
 4.アンチエイジングとストレス

第3章 抗加齢ドック
 1.抗加齢ドックを受けてみよう
 2.抗加齢ドックの検査と結果
 3.抗加齢ドックにおける食生活指導

第4章 アンチエイジングあれこれ
 笑いが糖尿病を治す?
 血圧は下の数値が大事?
 低血圧は病気なの?
 「高血糖の記憶」とは?
 医学の常識は今でも変わっている
 皮膚のアンチエイジング
 アンチエイジングと水
 温泉の効用
 アメリカにおける日本食文化の浸透度
 イワシの油が心臓を守る
 アンチエイジングと遺伝
著者略歴
伊賀瀬 道也(いがせ・みちや)
愛媛大学大学院加齢制御内科学(老年内科・神経内科)講師、病棟医長
愛媛大学医学部附属病院抗加齢センター主任

1964年 愛媛県松山市生まれ
1991年 愛媛大学医学部卒、第2内科(日和田邦男教授)入局
1993年 公立学校共済組合近畿中央病院(國府達郎院長)循環器内科研修
1995年 愛媛大学医学部大学院に入学(臨床では頸動脈エコー、基礎研究では頸動脈の動脈硬化とアポトーシスについての研究に従事)
1999年 医学博士(愛媛大学)
      老年医学(現・加齢制御内科)(三木哲郎教授)助手、病棟医長
2003年 アメリカ・ノースカロライナ州ウェイクフォレスト大学の高血圧血管病センター(カルロス・フェラリオ教授)に留学
2005年 愛媛大学大学院加齢制御内科学(老年内科・神経内科)講師、病棟医長
2006年 愛媛大学医学部附属病院抗加齢センター主任を兼務

専門:循環器専門医、老年病専門医
研究テーマ:動脈硬化、高血圧性臓器障害、脂質異常症、アンチエイジング
趣味:ドライブ、旅行、スイミング、スポーツ一般(見ること)
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.