| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
平和と自由を希求した人 −愛媛における新渡戸稲造・矢内原忠雄・乗松雅休・安藤正楽らの足跡−
ブックカバー
現代に息づく愛媛に関わるキリスト者たちの軌跡
患難な時代、民衆と共にあった彼らの生き様に迫る著者渾身の作。
書名 平和と自由を希求した人 −愛媛における新渡戸稲造・矢内原忠雄・乗松雅休・安藤正楽らの足跡−
遊口親之(著)
価格 1,728 円(税込)
体裁等 愛媛新聞サービスセンター
2014年8月31日 刊行
978-4-86087-112-3
主な内容
・愛媛における新渡戸稲造の足跡。晩年の「松山事件」を中心に
・南予における新渡戸稲造の足跡。卯之町教会、宇和農学校に残したもの
・「内村鑑三の非戦論」。日露戦争期における安藤正楽の非戦論
・黒崎幸吉、矢内原忠雄らの無教会主義。新居浜でのプレマス・ブレズレンとの関係
・郷土の偉人・矢内原忠雄の朝鮮観
・1970年代の韓国民主化運動の原点。1919年の3・1独立運動と乗松雅休に学ぶ
・郷土、愛媛の視点からみた留岡幸助
・南予におけるランバス宣教師の業績
・現代に生きる賀川豊彦
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.