| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
小田深山の四季 盒教写真集
ブックカバー
渓谷美で知られる「深山」の魅力を
四国を代表する写真家が撮影
 小田深山渓谷――喜多郡内子町東部の雨霧山を中心とする一帯。面河川の支流の一つ、菅行川の上流域。笠取山、大川嶺など四国山地の山々に囲まれた渓谷で、紅葉の名所として知られている。
 内子町はエコロジータウンのまちづくりを推進。古い町並みや農山村地域の伝統的な景観・文化を保存し、豊かな自然を持続していくための山並の保存活動を展開している。
 この「山並」のシンボルである小田深山。四国を代表する自然写真家の盒教さんが、四季の渓谷や山々の表情を、やわらかな眼差しでとらえた一冊。
書名 小田深山の四季 盒教写真集
高橋毅(写真)
価格 2,160 円(税込)
体裁等 愛媛新聞サービスセンター
2012年09月 刊行
ISBN978-4-86087-106-2 C0072
プロフィール
高橋 毅(たかはし・つよし)
1939(昭和14)年生まれ、四国中央市在住。日本写真家協会会員、四国写真作家協会会長。写真集『四季もよう四国』・『四万十発見伝』・『美しい石鎚』・『四国の楽園』など多数出版。
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.