| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
らくさぶろうの一生道楽
ブックカバー
テレビ、ラジオで活躍中の著者がつづる
笑いあり、涙ありのエッセー集
“愛媛のみのもんた”とも言われ、ローカルタレントとして不動の地位を築いているらくさぶろう氏の、待望の初出版。毎日新聞愛媛版で2001年2月から2002年4月まで連載されたエッセー「らくさぶろうの好きになったヒト」と、2002年5月から現在まで好評連載中の「らくさぶろうの食・道・楽」から117話を厳選。松山東高校から愛媛大学(落語研究会)、そしてオーディションを経てテレビの世界へと進んだらくさぶろう氏が、これまでの人生で出会った多くの人や食べ物などについての悲喜こもごものエピソードを、軽快なタッチでつづる。挿絵は北条市の西山陽一朗氏。
書名 らくさぶろうの一生道楽
らくさぶろう(著)
価格 1,029 円(税込)
体裁等 2004年06月 刊行
ISBN4-86087-021-2 C0095
主な内容
まえがき」の・ようなもの

らくさぶろうの好きになったヒト
  45話

らくさぶろうの食・道・楽
  70話

「あとがき」の・ようなもの

大阪より、愛を込めて (友近)
著者紹介
らくさぶろう  本名:冨永 幸伸 (とみなが・ゆきのぶ)
1965年、大洲市に生まれる。 幼いころから音楽好き(特に歌謡曲・演歌)に育つ。中学生の時に吹奏楽に出会い、音楽の教師を志すが、大学時代の落語研究会にどっぷりと浸(つ)かっていたため、教師の道を断念。テレビ番組のオーディションに合格したことからこの道に入り、テレビ、ラジオなどに出演するようになる。現在は司会・講演など多忙の毎日。

モットー:イヤなことはしない
好物:サウナ、ビール、中島みゆき
夢中なもの:俳句
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.