| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
加藤嘉明と松山城
ブックカバー
沈勇の士、これにあり―
初代松山藩主の生涯
 冷静沈着かつ勇猛果敢な武将として知られ、“沈勇の士”とうたわれた戦国武将・加藤嘉明。転戦に明け暮れ、“賤ヶ岳七本槍”に数えられるほどの武勲を立てた一方、初代伊予松山藩主として松山城を築城し、城下町を建設するなど優秀な政治手腕も持ち合わせていました。
 馬子の身から一国一城の主まで上り詰め、県都・松山の礎を築いた智将の、激動の生涯をつづります。
書名 加藤嘉明と松山城
日下部正盛(著)
価格 1,296 円(税込)
体裁等 愛媛新聞サービスセンター
2010年09月 刊行
ISBN978-4-86087-087-4 C0021
主な内容
第一部 加藤嘉明伝
 序章
 第一章 秀吉の近習時代
 第二章 賤ヶ岳七本槍
 第三章 転戦の日々
 第四章 秀吉の天下統一
 第五章 文禄の役
 第六章 嘉明、伊予松前へ
 第七章 慶長の役
 第八章 松山城築城
 第九章 嘉明の会津時代
 終章  その後の加藤氏
 付章  嘉明の二人の家臣

第二部 嘉明の防衛戦略
 序章
 第一章 七曲りの謎
 第二章 松山城と移築建造物
プロフィール
日下部 正盛(くさかべ・まさもり)
 大正十一(一九二二)年二月十九日、松山市生まれ。愛媛県内の小中学校に勤務、伊予市教育委員会、愛媛県史編さん委員会に所属、伊予市および松前町の文化財専門委員、伊予市歴史文化の会副会長、伊予市文化協会会長、伊予史談会常任委員を歴任。
 主な著書に『松前・松山領主加藤嘉明伝』『加藤嘉明の戦略』『栄養学の創始者佐伯矩博士小伝』『伊予市の学者たち』など。『伊予史談』『松前史談』『伊予市の歴史文化』などに論文多数。
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.