| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
伊予河野氏と中世瀬戸内世界
戦国時代の西国守護
ブックカバー
気鋭の歴史学者が描く
河野氏をめぐる人間群像
中世という時代は、律令体制と江戸幕藩体制の間にあって、地方勢力が自治を獲得し、そして滅んでいった時代であった。
伊予の中世史には、まだ解明されていない部分が多く、河野氏最後の当主「河野通直」は、出自も不明ならどこで死んだかもはっきりしないという状況である。
本書は、中世において「九州四国のかなめ所」であった伊予国の姿を、瀬戸内社会、京・畿内など外部社会との関係から分かりやすく説き起こし、江戸幕藩体制に組み込まれる以前の、「伊予の国」の姿を浮かび上がらせようと試みたものである。
中世史を専門とする気鋭の歴史学者が、これまでの歴史観にとらわれず、都市論や地域論を絡めながら、中世伊予国の実像に迫る。
書名 伊予河野氏と中世瀬戸内世界
戦国時代の西国守護
川岡勉、西尾和美(著)
価格 1,944 円(税込)
体裁等 2004年08月 刊行
ISBN4-86087-025-5 C0021
著者紹介1
川岡 勉 (かわおか・つとむ)  1章・2章・3章・4章
1956年、島根県に生まれる。86年、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。愛媛大学教育学部教授。
主要著書・論文
  『河野氏の歴史と道後湯築城』(青葉図書、1992年)
  『室町幕府と守護権力』(吉川弘文館、2002年)
  『愛媛県の歴史』(共著、山川出版社、2003年)
『湯築城と伊予の中世』(共編著、創風社出版、2004年)
著者紹介2
西尾 和美 (にしお・かずみ)   5章・6章・7章
1957年、大阪府に生まれる。87年、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。松山東雲女子大学人文学部教授。
主要著書・論文
 「戦国末期における毛利氏の婚姻政策と伊予」(『日本史研究』445、1999年)
 「河野通直の死と豊臣政権」(『松山東雲女子大学人文学部紀要』10、2002年)
 「小早川隆景の伊予支配と河野氏」(『四国中世史研究』7、2003年)
 『湯築城と伊予の中世』(共著、創風社出版、2004年)
主な内容
はじめに

第1章 室町幕府−守護体制の変質と河野氏
第2章 応仁の乱と河野氏
第3章 守護支配の強化と国人領主層
第4章 西瀬戸地域の軍事的緊張と伊予
第5章 左京大夫通宣の時代と来島通康
第6章 河野通直の時代と芸州との一体化
第7章 統一政権と河野氏の滅亡
 
河野氏全体系図
 年表
 注釈
 あとがき
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.