| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
激動の昭和を綴る
ブックカバー
従軍、終戦、復興、そして政治の世界へ――
激動の時代を駆け抜けた著者が人生を語る

※残りわずか
四十余年の政治家生活のほか、建設業界、教育界、川柳界など多方面にわたり活躍してきた著者が、その全盛期の大部分を過ごした昭和の時代を振り返り、戦争の悲しみや昭和天皇への思いなどを綴る。
書名 激動の昭和を綴る
仲川幸男(著)
価格 1,646 円(税込)
体裁等 2004年01月 刊行
ISBN4-86087-013-1 C0095
著者紹介
仲川 幸男 (なかがわ・ゆきお)
大正5年9月15日、伊予郡南山崎村(現在の伊予市)に生まれる。伊予実業学校(伊予農業高等学校の前身)卒業後、家業であった建設業界に入り、のちに愛媛県建設業協会長を務める。昭和26年から松山市議2期、同34年から県議6期。その間、県議会議長、県自民党幹事長などに就任。昭和55年から参議院議員2期。農林水産政務次官、参議院文教委員長、農林水産委員長、自民党総務などを歴任。
そのほか、全国高等学校PTA連合会会長、愛媛県スキー連盟会長、県精神薄弱者育成会会長を務めるなど、文化・福祉活動にも尽力した。
川柳歴は60年以上。故・前田伍健に師事し、現在、社団法人全日本川柳協会名誉会長。
著書に『航跡』『国会の換気扇』『続・国会の換気扇』『続続・国会の換気扇』『忘れられた生命―ハンセン病療養所の人々―』ほか。
主な内容
第1章 昭和天皇を偲ぶ
 薄墨の微風漂う聖域の遥か彼方に御霊を拝す/崇める心は皆同じ/時を見誤る

第2章 古賀利男准尉との出会い
 古賀准尉の当番兵/内地帰還と開戦の情報

第3章 江田島海軍兵学校
 河本少佐を訪ねて/選りすぐりのエリートたち/人間魚雷「回天」発進基地の建設/内外に乱れ飛ぶ戦況情報/発進基地は今

第4章 終戦と復興
 昭和二十年八月十五日/瀬戸内海逃避行/戦災復興事業に携わる

第5章 政治への踏み出し
 地方政治から国政へ/木曜クラブに所属/同席に源田実参議院議員/海軍兵学校七十六期生との縁/兵学校への思い入れ

第6章 東条団塊
 時を選べなかった東条内閣の罪/取り返しのつかない犠牲/靖国神社参拝問題/教育文化の道に生きて思う

第7章 沖縄の戦史
 松山歩兵第二十二連隊の終焉/戦惨極めた沖縄県/沖縄とハンセン病/沖縄本土復帰/復帰後の沖縄との関わり/沖縄の教育と文化
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.