| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
伊予のむかし100物語
ブックカバー
後世まで伝えたい、
郷土の歴史がそこにある
「ウイークリーえひめリック」(愛媛新聞社発行)に連載中の「ふるさとのよもやま話」から100話を厳選。著者が県内をくまなく訪ね歩き、綿密な取材と膨大な資料を基に書き上げた、“現代のおとぎ話”の集大成です。
伊予八藩にまつわるエピソードを中心に、中世から近代までの物語を収録しています。築城や治世、産業、事件、教育などジャンルは多彩。愛媛の隅々で語り続けられてきた郷土の歴史が詰まった一冊です。
書名 伊予のむかし100物語
荻山美征(著)
価格 1,296 円(税込)
体裁等 愛媛新聞サービスセンター
2010年04月 刊行
ISBN4-86087-085-0 C0021
プロフィール
荻山 美征(おぎやま・みゆき)
昭和20年(1945)生まれ。県立松山南高、松山商科大学短期大学部卒業。愛媛県庁、愛媛社会保険事務局を経て社会保険労務士。
平成3年(1991)10月から平成7年12月まで「ウイークリーえひめリック」(愛媛新聞社発行)に「オールドサクラメント娯楽西部劇の世界」を連載。平成12年4月から翌13年3月までNHK松山放送局制作「えひめ昔話」の文章担当。平成8年4月から「ウイークリーえひめリック」に「ふるさとのよもやま話」を連載中。
伊予民話の会主宰。
主な内容
松山城築城
和霊騒動
馬立本陣
久万山騒動
武左衛門一揆
泉貨紙
まぐろ大尽
多喜浜塩田
切り上がり長兵衛
河野の後築地
鉄砲鍛治の三郎
升取り半兵衛
釣島灯台
アラスカ重次郎
など
ページサンプル
ページサンプル
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.