| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
「坂の上の雲」の松山を歩く
ブックカバー
ゆかりの地43スポットを紹介

名作の舞台を探訪する散策ガイド
司馬遼太郎の長編歴史小説『坂の上の雲』の序盤の舞台となった松山の、ゆかりの地43スポットを紹介するガイドブックです。
 松山を「城南・城東エリア」「道後エリア」など5つのエリアに分け、「松山城」「道後温泉」などのほか、「子規誕生地跡」「お囲い池跡」など“坂雲”ファン垂ぜんのスポットまで、小説中に登場する場面の引用を交え幅広く紹介。「子規記念博物館」「坂の上の雲ミュージアム」などの展示施設の情報も詳細に掲載しています。
 各スポットの紹介では、小説当時の姿から現在の様子まで、時代の変遷が分かる写真を多数使用。この一冊で、日本のために奔走する主人公たちが生まれ育ってきた明治の松山の息吹を存分に感じることができます。
書名 「坂の上の雲」の松山を歩く
愛媛新聞サービスセンター(編)
価格 1,646 円(税込)
体裁等 愛媛新聞社
2009年11月 刊行
ISBN978-4-86087-083-6 C0026
紹介スポット
城南・城東エリア
 坂の上の雲ミュージアム、秋山兄弟生誕地、大街道、愚陀佛庵、萬翠荘、きどや旅館跡、第五十二国立銀行跡、大原観山旧居跡、河東静渓住居跡、勝山学校跡、松山中学校跡、愛媛県庁(県会議事堂跡)、高浜虚子住居跡、明教館、お囲い池跡

道後エリア
 松山市立子規記念博物館、道後温泉、道後公園(湯築城跡)、ふなや、鷺谷墓地、石手寺、宝厳寺、坊っちゃん列車

中の川エリア
 子規堂(正宗寺)、中の川、子規誕生地跡、子規旧邸跡、法龍寺(末広学校跡)、子規母堂令妹住居跡、『ほとゝぎす』創刊の地

松山城エリア
 松山城、堀之内(松山歩兵第二十二連隊跡)、松山城二之丸史跡庭園

城西・城北・三津浜エリア
 子規の句碑(JR松山駅)、大林寺(ロシア兵捕虜収容所跡)、ロシア人墓地、北予中学校跡、城北練兵場跡、の・ボールミュージアム、宝塔寺、三津浜、梅津寺公園(秋山兄弟銅像)、ターナー島(四十島)
ページサンプル(秋山兄弟生誕地)
ページサンプル(秋山兄弟生誕地)
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.