| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
愛媛の薬用植物図鑑
ブックカバー
自然がもっと身近になる
えー! こんな花まで薬になるの?
(社)全日本薬種協会・愛媛県薬事振興会推薦
(愛媛の自然博物シリーズ〉第4弾
愛媛県内に自生する薬草や薬用効果の高い栽培植物を網羅し、安全な利用法・効能などを詳しく紹介する。
ドクダミやセンブリなどの有名薬草はもちろん、空き地や田畑、山野に生育する薬用植物251種を鮮明なカラー写真で紹介。掲載種ごとに内服・外用・薬用茶・薬用酒・浴湯料・食用の6種の用途を明記し、家庭で簡単に利用できるように解説している。「薬草歳時記」などの特別付録も充実。「用途別」「生薬名別」「症例別」など、さまざまな角度からアプローチできる索引群も完備している。
植物の特徴については松山東雲短期大学の松井宏光教授が、用途については愛媛県薬業協会の田中信也事務局長が執筆。撮影は、自然科学写真家の北添伸夫氏。
書名 愛媛の薬用植物図鑑
松井宏光、田中信也(著)、北添伸夫(写真)
価格 3,240 円(税込)
体裁等 2000年08月 刊行
ISBN4-900248-72-X C0647
著者紹介1
松井 宏光(まつい・ひろみつ)
1952年11月15日、 福山市生まれ。 広島大学理学部生物学科植物学専攻卒業。 松山東雲短期大学教授。 専門は植物社会学・環境教育。 著書は 『愛媛の自然をたずねて』(共著、愛媛出版文化賞受賞)、 『石鎚山系自然観察入門』(共著)、 『愛媛の巨樹・名木』(編著)、 『愛媛の人里野草図鑑』(共著、愛媛出版文化賞受賞) など。
内容紹介
図鑑の見方薬用植物写真データ図鑑 (アオキの項)
図鑑の見方薬用植物写真データ図鑑 (アオキの項)
主な内容
■図鑑編の見方
■愛媛の薬用植物INDEX
■薬草をより正しく使うために
■花や葉のつくり
■図鑑編(251種掲載)
  愛媛の薬用植物写真データ図鑑
■資料編
  薬草歳時記、 薬用酒一覧、 薬用茶一覧
  浴湯料一覧、 有毒植物一覧
■植物の用語解説
■索引
  用途別索引、生薬名索引、症例別索引、学名索引、植物名総索引
著者紹介2
田中 信也(たなか・しんや)
1942年8月30日、八幡浜市生まれ。 小林製薬、小太郎漢方製薬勤務。 1972年、 松山市で医薬品一般販売業を開業。 1977年、 愛媛県薬種商販売業認定試験合格、「四国漢方サービスセンター」 開設。 漢方医学を日本漢方薬学協会の中祖英雄氏、 薬草研究を神野太郎愛媛大学教授に師事。 「えひめのくらしと薬草展」 実行委員として、 漢方薬と民間薬の普及をライフワークとする。 現在、(社)全日本薬種商協会代議員、 (社)愛媛県薬業協会理事・事務局長。
著者紹介3
北添 伸夫(きたぞえ・のぶお)
1956年11月1日、 新居浜市生まれ。 フリーカメラマン。 植物・昆虫・石鎚山系の自然風景、 顕微鏡写真などの科学写真を主に撮影。 日本写真家協会会員、 日本自然科学写真協会会員、 日本写真協会会員、 日本鱗翅学会会員。 著書は『愛媛の人里野草図鑑』(共著)、 「モンシロチョウ観察事典』(共著) などのほか、 写真集『百人百花』(グラフィック社)、 『こどもとしぜん』(ひかりのくに)、 『石鎚山系自然観察入門』 や他誌に作品を多数掲載。 富士フィルムネイチャーフォトコンテスト金賞、 オリンパスフォトコンテスト 「栗林慧先生賞」 など多数受賞。
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.