| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
愛媛新聞の本オンラインショップ メインイメージ
本を探す
新刊案内
出版総目録
話題の本
書籍の購入について
瀬戸内の海人たち供/綏魁宗従霾鵑もたらした文化と経済
ブックカバー
21世紀を切り拓く「瀬戸内しまなみ海道」
瀬戸内海の水軍・海人史を鋭く検証!
愛媛新聞社・中国新聞社・瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会が共同で開催した 「'98しまなみシンポジウム(瀬戸内の海人供/綏魁宗従霾鵑もたらした文化と経済〜)」 での森浩一同志社大学教授、 網野善彦前神奈川大学特任教授、 生田滋大東文化大学教授、 山内護愛媛県総合教育センター所員の講演とパネルディスカッションをもとに加筆したもの。
4人が、 芸予海域を拠点にして勇猛果敢に活躍した水軍に焦点を当て、 海人の足跡を多角的に鋭く検証。 カラー写真、 地図のほか関係年表、 事項・人名解説の資料なども豊富に盛り込んでいる。
『瀬戸内の海人たち 交流がはぐくんだ歴史と文化』 に続く第2弾。
書名 瀬戸内の海人たち供/綏魁宗従霾鵑もたらした文化と経済
森浩一、網野善彦、生田滋、山内護(著)
価格 1,512 円(税込)
体裁等 1998年12月 刊行
ISBN4-900248-55-X C0021
著者紹介1
森 浩一 (もり・こういち)
昭和3年(1928)生まれ。 同志社大学教授。 考古学専攻。 主な著書に 『古墳の発掘』 『巨大古墳の世紀』 『古代日本と古墳文化』 『倭人伝の世界』 『考古学ノート』 『竹ペラとペン』 『考古学西から東から』 『古代史・津々浦々』 『日本神話の考古学』 『食の体験文化史』 など。
著者紹介2
網野 善彦 (あみの・よしひこ)
昭和3年(1928)生まれ。 前神奈川大学特任教授。 日本中世史、海民史専攻。 主な著書に 『無縁・公界・楽』 『異形の王権』 『日本論の視座』 『悪党と海賊』 など。
著者紹介3
生田 滋 (いくた・しげる)
昭和10年 (1935) 生まれ。大東文化大学教授。 東南アジア史専攻。 主な著書に 『ヴァスコ・ダ・ガマ 東洋の扉を開く』 『東アジア民族の興亡 漢民族と異民族の四千年』 『大航海時代とモルッカ諸島 ポルトガル、スペイン、テルナテ王国と丁字貿易』 など。主な訳書に 『東方諸国記』 など。
著者紹介4
山内 譲 (やまうち・ゆずる)
昭和23年 (1948) 生まれ。 愛媛県総合教育センター所員。 日本中世史専攻。 主な著書に 『中世伊予の領主と城郭』 『海賊と海域』 『中世瀬戸内海地域史の研究』 など。
主な内容
第1章 中世瀬戸内海の海域       山内 護
第2章 藤原純友とバイキング      生田 滋
第3章 海の領主について        網野善彦
第4章 古代の伊予と海とのかかわり   森 浩一
第5章 パネルディスカッション 水軍――情報がもたらした文化と経済
                    森 浩一
                    網野善彦
                    生田 滋
                    山内 護
第6章 紙上参加
    藤原純友、反乱の意味      下向井龍彦
    考古学から見た藤原純友と鋳銭司 小田富士雄
    河野氏と一遍          前園実知雄
第7章 付録編
    水軍城跡を行く
    航海者の系譜
第8章 資料編
    瀬戸内の水軍関係年表
    事項・人名解説
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.