愛媛新聞サービスセンター
| HOME | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集 |
ホーム 愛媛新聞の本オンラインショップ 自費出版のご案内 年史・記念誌のご案内
自費出版のご案内
自費出版のご案内
自費出版の流れ
広告・書店流通
自費出版Q&A
費用の目安
自費出版の本
HOME > 自費出版のご案内 > 自費出版Q&A
自費出版Q&A
Q&A1 判型って何?
本の大きさのことです。A4判は210×297mm。エッセーや自分史、句歌集などは、A5判(148×210mm)か一回り小さい四六判(128×188mm)が主流です。
Q&A2 並製本と上製本の違いは?
表紙が柔らかい並製本に対し、表紙に厚紙を用いたハードカバー本を上製本と呼びます。上製本は耐久性に加えて高級感が増すため、句歌集などに適してします。
Q&A3 どれくらい書けばいい?
四六判の場合、文字の大きさなどで変動しますが、1ページに約600文字入ります。200ページの本を作るとすると、600×200=120,000文字。原稿用紙で300枚分となります。写真や図版、イラストを使うと文字数が少なくなります。
Q&A4 費用の決め方は?
実は、部数による差はあまりありません。読み物(モノクロ)で並製本の場合、100部単位で部数を変えても数万円しか変わりません。逆に、増し刷りする場合は費用がかさみます。部数で迷った時は、多めに作ることをお勧めします。
Q&A5 手書きの原稿でもいいの?
手書き原稿でも大丈夫です。ただし原稿をデータ化する費用が別途かかり、誤植してしまう可能性もあります。できれば、パソコンやワープロなどで原稿を作りましょう。
Q&A6 写真の持ち込みは?
写真はプリントでも、フィルム(ネガ、ポジ)でも、デジタルカメラで撮ったものでも問題ありません。カラー写真もモノクロに変換できます。しかし、画質が劣化することがあります。特にデジタルデータの大きさには注意が必要です。
Q&A7 書店で販売する方法は?
本の流通システムに乗せて販売します。愛媛県内の書店はもちろん、全国の書店からの注文にも対応します。愛媛新聞紙面や広告を活用し、本を告知できます。
Q&A8 新聞社になかなか出向けないが?
郵送と電話のみでも編集は可能です。ただ、直接打ち合わせて意思疎通を図ることが、よりよい本作りにつながります。なるべく一度は編集者に会うようにしましょう。場合によっては、編集者が依頼者宅へ訪問いたします。
Q&A9 国立国会図書館に納品できる?
頒布目的の書籍の場合は、必ず国立国会図書館に納品することになっています。それ以外の場合でも、希望された場合は、小社が手配します。
このページのトップへ
copyright(c) The Ehime Shimbun Service Center.All right reserved.